トップ

現在の主な印刷技術について

主流の印刷技術とは

活版

現在の印刷の主流はオフセット

現在、市場に出回る商品の殆どは、その本体に、また、包装紙やパッケージなどになんらかの模様や文字が書き込まれています。書籍などは勿論のこと、どのような商品であっても商品名や注意書き、更には宣伝コピーなどまで、印刷技術を使わずに流通しているものは、殆ど見当たりません。この技術は、書き込まれる対象となるものと、原稿とも言える版とが直接触れ合う事のないオフセットと言われる種類の技術が用いられている事が特徴です。オフセット印刷と言う技術の特徴を生かす事によって、紙だけでなく金属にまで書き込む事が可能になり、経済活動にも大きく影響を及ぼす事になったのです。

商業で主流のオフセット

印刷には様々な技術がありますが、版式で分類した場合、凸版、凹版、平版、孔版という種類があります。現在、商業的に利用されている多くはオフセットを中心とする平版です。これは、どのようなものかといいますと、版を中間転写体に転写してから紙などに印刷する技術で、輪転機を使うことにより短時間で大量に刷ることが可能になるという特徴があります。ただし、立体感の表現は不得意であり、設備投資が高額になるというデメリットもあります。また、オフセットには版に凸版を使う方式や、電子写真方式などもあり、必ずしも平版とは限りません。

↑PAGE TOP